危険物取扱者 危険物取扱者乙4

【スキルアップ-危険物乙4】 試験対策の問題集(Q&A) 第4回

サブロー
【危険物乙4】受験者必読 !!『危険物取扱者試験 乙4 』の資格取得を最終的な目的とし、試験に出そうな内容をピックアップして出題します。丸暗記するくらい解いていきましょう!!!

Question.16:消防法別表第1に掲げる第4類危険物に該当しないものはどれか。

分類:危険物の性質-第4類の危険物

1. アルコール類
2. 動植物油類
3. 黄りん
4. 第1石油類
5. 特殊引火物

+正解は・・・・・(クリックして下さい)

Answer.16:3   黄りんは『第3類危険物(自然発火性物質及び禁水性物質)』である。

【解説・補足】

1. (〇) アルコール類
2. (〇) 動植物油
3. (✖) 黄りん
⇨ 第4類の主な危険物は、危険性の高い順に特殊引火物⇨第1石油類⇨アルコール類⇨第2石油類⇨第3石油類⇨第4石油類⇨動植物油類
4. (〇) 第1石油類
5. (〇) 特殊引火物

参考講座☞☞☞【危険物の性質の概要①】-【危険物乙4】資格取得#9

Question.17:次の記述のうち、誤っているものはどれか。

分類:危険物の法令-第4類の品名の定義

1. 第一石油類とは、アセトン、ガソリンその他一気圧で、引火点が21℃未満のものをいう。
2. 第二石油類とは、灯油、軽油その他一気圧で、引火点が21℃以上70℃未満のものをいう。
3. 動植物油類とは、動物の脂肉等または植物の種子もしくは果肉から抽出したものであって、1気圧において引火点が250度未満のものをいう。
4. アルコール類とは、化合物内に水酸基を有する物質のものをいう。
5. 特殊引火物とは、ジエチルエーテル、二硫化炭素その他一気圧で、発火点が100℃以下のもの、または引火点が零下20℃以下で沸点40℃以下のものをいう。

+正解は・・・・・(クリックして下さい)

Answer.17:4 

【解説・補足】

1. (〇) 第一石油類とは、アセトン、ガソリンその他一気圧で、引火点が21℃未満のものをいう。
2. (〇)  第二石油類とは、灯油、軽油その他一気圧で、引火点が21℃以上70℃未満のものをいう。
3. (〇)  動植物油類とは、動物の脂肉等または植物の種子もしくは果肉から抽出したものであって、1気圧において引火点が250度未満のものをいう。
4. (✖)  アルコール類とは、化合物内に水酸基を有する物質のものをいう。
⇨アルコール類とは、炭素数が3以下の飽和1価アルコールである。そのため、化合物内に水酸基(OH基)を有していても、不飽和だったり2価だったり炭素数が多かったりすると、該当しない。
5. (〇)  特殊引火物とは、ジエチルエーテル、二硫化炭素その他一気圧で、発火点が100℃以下のもの、または引火点が零下20℃以下で沸点40℃以下のものをいう。

参考講座☞☞☞  【危険物取扱者】とは?-【危険物乙4】資格取得 #2

Question.18:第4類危険物の性状として誤っているものはどれか。

分類:危険物の物理・化学-第4類の品名の定義

1. 摩擦、衝撃などにより、発火や爆発の危険性はない。
2. 液比重は1よりも大きい。
3. 電気の不導体で、静電気を発生しやすい。
4. 自然発火する危険性はない。
5. 蒸気比重は1より大きい。

+正解は・・・・・(クリックして下さい)

Answer.18:2 

【解説・補足】

1. (〇) 摩擦、衝撃などにより、発火や爆発の危険性はない。
⇨ ニトロベンゼンを除き、摩擦や衝撃などにより発火や爆発を起こすものはほとんどないが、酸化性物質と接触させると発火や爆発の危険性がある。
2. (✖) 液比重は1よりも大きい。 ⇨二硫化炭素や、クロロベンゼン、酢酸などの一部を除いては、ほとんどのものが液比重が1より小さいもののほうが多い。
3. (〇) 電気の不導体で、静電気を発生しやすい。
4. (〇) 自然発火する危険性はない。
5. (〇) 蒸気比重は1より大きい。

参考講座☞☞☞ 【危険物の性質の概要①】-【危険物乙4】資格取得#9

Question.19:次の説明のうち、還元反応に該当するものを選べ。

分類:危険物の物理・化学-酸化と還元

1. 鉄が赤くさびて、ぼろぼろになった。
2. 炭素が酸素と化合して一酸化炭素になる。
3. 石炭が燃焼して二酸化炭素になる。
4. 二酸化炭素が赤熱した炭素に触れて一酸化炭素になる。
5. メタノールが燃焼して、二酸化炭素と水蒸気になる。

+正解は・・・・・(クリックして下さい)

Answer.19:4
酸化⇨⇨酸素と化合、水素を奪われる、ある物質が電子を失う。  還元⇨⇨酸素を奪われる、水素と化合する、ある物質が電子を受け取る。  

【解説・補足】

1. (✖) 鉄が赤くさびて、ぼろぼろになった。(=酸化反応)
2. (✖) 炭素が酸素と化合して一酸化炭素になる。(=酸化反応)
3. (✖) 石炭が燃焼して二酸化炭素になる。(=酸化反応)
4. (〇) 二酸化炭素が赤熱した炭素に触れて一酸化炭素になる。(=還元反応)
5. (✖) メタノールが燃焼して、二酸化炭素と水蒸気になる。(=酸化反応)

+正解は・・・・・(クリックして下さい)

参考講座☞☞☞  Coming Soon!

Question.20:危険物保安監督者について誤っているものを選べ。

分類:危険物の法令-危険物保安監督者

1. 政令で定める製造所等の所有者等は、甲種危険物取扱者または乙種危険物取扱者で、3ヶ月以上危険物取扱いの実務経験を有するもののうちから危険物保安監督者を定め、保安の監督をさせなければならない。
2. 製造所等の所有者等は、危険物保安監督者を定めたときは、遅滞なくその旨を市町村長等に届け出なければならない。これを解任したときも、同様とする。
3. 移動タンク貯蔵所は危険物保安責任者を定めなくてもよい。
4. 指定数量の倍数が30以上の屋内貯蔵所または地下タンク貯蔵所は危険物保安責任者を定めなければならない。
5. 製造所等においては、危険物取扱者以外の者は、甲種危険物取扱者または乙種危険物取扱者が立ち会わなければ、危険物を取り扱ってはならない。

+正解は・・・・・(クリックして下さい)

Answer.20:1

【解説・補足】

1. (✖) 政令で定める製造所等の所有者等は、甲種危険物取扱者または乙種危険物取扱者で、3ヶ月以上6ヶ月以上危険物取扱いの実務経験を有するもののうちから危険物保安監督者を定め、保安の監督をさせなければならない。
2. (〇) 製造所等の所有者等は、危険物保安監督者を定めたときは、遅滞なくその旨を市町村長等に届け出なければならない。これを解任したときも、同様とする。
3. (〇) 移動タンク貯蔵所は危険物保安責任者を定めなくてもよい。
4. (〇) 指定数量の倍数が30以上の屋内貯蔵所または地下タンク貯蔵所は危険物保安責任者を定めなければならない。
5. (〇) 製造所等においては、危険物取扱者以外の者は、甲種危険物取扱者または乙種危険物取扱者が立ち会わなければ、危険物を取り扱ってはならない。

参考講座☞☞☞ 【危険物保安監督者】【危険物保安統括管理者】【危険物施設保安員】-【危険物乙4】資格取得 #16

モグゾー
それでは、今回はここまで。最後までお読みいただきありがとうございました!
下の模擬試験の内容も是非ご覧下さい!!

関連

危険物乙4 前回の模擬試験の内容(第3回)
【スキルアップ-危険物乙4】 試験対策の問題集(Q&A) 第3回

関連

危険物乙4 次回の模擬試験の内容(第5回)

【スキルアップ-危険物乙4】 試験対策の問題集(Q&A) 第5回

2020年9月27日公開 | 2020年10月6日更新

~INDEX一覧~

エクセル関数の勉強 1

サブローエクセル/Excel関数の一覧にしています。本ブログ内で記事にしているものは、講座の列にリンク付けを随時行います(^o^) ※使用頻度のランクに関しては、個人的な主観でランク付けをしています。 ...

2

サブロー危険物取扱者試験 乙4種対策講座の目次(INDEX)を作りました。 随時更新していくので、よろしくお願いします。 【目次/INDEX】 講座ID分類内容リンク 1共通#1『危険物取扱者試験』の ...

3

サブローQC(品質管理)検定に関する説明が増やして行く予定なのでリンクに飛ぶような目次(INDEX)を作りました。 随時更新していくので、よろしくお願いします。 モグゾー対象級を記載していますが、あく ...

4

サブローExcel VBAに関する説明を今後増やして行く予定なので、各リンクに飛ぶような目次(INDEX)を作りました。 随時更新していくので、よろしくお願いします。 目次(INDEX) 講座No内容 ...

-危険物取扱者, 危険物取扱者乙4
-, , , , ,

Copyright© サブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.