Excel Microsoft 関数

【エクセル関数で業務効率化#16】/【CEILING】【FLOOR】【CEILING.MATH】【FLOOR.MATH】

サブロー
こんにちは。サブローです。

仕事でも使うことが多い『Microsoft Excel』(以下Excel、エクセル)の機能の1つであるExcel関数を説明していきます。仕事の改善や個人的な知識向上に役立ててください(^o^)

第16回目の今回は

『数学/三角関数』関数である


【CEILING】関数
【CEILING.MATH】関数
【FLOOR】関数
【FLOOR.MATH】関数

の説明をしていきますので、よろしくお願いします。

↓これまでのExcel関数に関する講座は下記インデックスからご覧ください↓

Excel関数目次(INDEX)

Excel関数の項目が増えてきたので、リンクに飛ぶような目次(INDEX)を作りました。 随時更新していくので、よろしくお願いします。 目次(INDEX) Excel関数 INDEX 関数講座番号内部 ...

続きを見る






【CEILING関数】とは?

「CEILING」(シーリング)関数は、指定した「基準値」の倍数のうち、もっとも近い値に「数値」を切り上げる関数です。
切り上げられた値の絶対値は指定された「数値」より大きくなります。指定した「数値」と指定した「基準値」の符号が異なる場合、エラー値#NUM!が返されます。また引数に「数値」以外を指定した場合、エラー値#VALUE!が返されます。

【CEILING関数】の書式

書式=CEILING(数値,基準値)

数値:対象となる数値をセル参照や数値で指定

基準値:倍数の基準(切り上げの基準)を数値で指定

※[数値]の場所にマイナスの値を指定した場合、既定で「0」から近い値になります。

【CEILING関数】の使用例

下記表は、ある人の出勤履歴です。
赤囲い部の時間は左隣列の時間をCEILING関数で切り上げて表示しています。繰り上げ単位は「5分」単位で設定しています。

※1部分に入っている関数は下記の通りです。
E4セル=CEILING(D4,"0:05")
⇨D4セルを5分単位で切り上げる

【CEILING.MATH関数】とは?

「CEILING.MATH」(シーリング.マス)関数は、Excel2013から登場した関数で、指定した「基準値」の倍数のうち、もっとも近い値に「数値」を切り上げる関数です。使用用途はCEILING関数とほぼ同じですが、引数の指定など少し違いがあります。
切り上げられた値の絶対値は指定された「数値」より大きくなります。指定した「数値」と指定した「基準値」の符号が異なる場合、エラー値#NUM!が返されます。また引数に「数値」以外を指定した場合、エラー値#VALUE!が返されます。

【CEILING.MATH関数】の書式

書式=CEILING.MATH(数値,基準値,モード)

数値:対象となる数値をセル参照や数値で指定

基準値:倍数の基準(切り上げの基準)を数値で指定(省略可能)

モード:(省略可能)
[数値]が0、または省略の場合: 正の整数の場合は0から離れた形で調整、負の整数の場合は0に近い整数にて切り上げ調整します。
[数値]が0以外の場合:正負関係なく0から離れた形で切り上げ調整します。

※[基準値]を省略した場合、[数値]の場所が正の場合「+1」、負の場合は「-1」として処理してくれます。
※※[数値]の場所にマイナスの値を指定した場合、[モード]を省略するか「0」を入力すると「0」から近い値になり、「0」以外を入力すると「0」から離れた値になります。なお「CEILING関数」の場合は、選ぶことはできず、[数値]の場所にマイナスの値を指定した場合、既定で「0」から近い値になります。

【CEILING.MATHC関数】の使用例

CEILING.MATH(-13,3) → -12
CEILING.MATH(-13,3,1) → -15⇨負のまま数値だけ切り上げる。(元の-13より小さい)

【FLOOR関数】とは?

「FLOOR」(フロア-)関数は、指定した「基準値」の倍数のうち、もっとも近い値に「数値」を切り下げる関数です。
切り下げられた値の絶対値は指定された「数値」より小さくなります。指定した「数値」と指定した「基準値」の符号が異なる場合、エラー値#NUM!が返されます。また引数に「数値」以外を指定した場合、エラー値#VALUE!が返されます。

【FLOOR関数】の書式

書式=FLOOR(数値,基準値)

数値:対象となる数値をセル参照や数値で指定

基準値:倍数の基準(切り捨ての基準)を数値で指定

[数値]の場所にマイナスの値を指定した場合、選ぶことはできず、既定で「0」から離れた値になります。

【FLOOR関数】の使用例

下記表は、ある人の出勤履歴です。
赤囲い部の時間は左隣列の時間をFLOOR関数で切り下げて表示しています。繰り下げ単位は「5分」単位で設定しています。

※2の部分に入っている関数は下記の通りです。
G4セル=FLOOR(F4,"0:05")
⇨E4セルを5分単位で切り下げる

【FLOOR.MATH関数】とは?

「FLOOR.MATH」(フロア-.マス)関数は、Excel2013から登場した関数で、指定した「基準値」の倍数のうち、もっとも近い値に「数値」を切り下げる関数です。使用用途はFLOOR関数とほぼ同じですが、引数の指定など少し違いがあります。
切り下げられた値の絶対値は指定された「数値」より小さくなります。指定した「数値」と指定した「基準値」の符号が異なる場合、エラー値#NUM!が返されます。また引数に「数値」以外を指定した場合、エラー値#VALUE!が返されます。

【FLOOR.MATH関数】の書式

書式=FLOOR.MATH(数値,基準値,モード)

数値:対象となる数値をセル参照や数値で指定

基準値:倍数の基準(切り捨ての基準)を数値で指定(省略可能)

モード:(省略可能)
[数値]が0、または省略の場合: 正の整数の場合は0に近い形で調整、負の整数の場合は0から離れた整数にて切り下げ調整します。
[数値]が0以外の場合:正負関係なく0に近い形で切り下げ調整します。

※[基準値]を省略した場合、[数値]の場所が正の場合「+1」、負の場合は「-1」として処理してくれます。
※※[数値]の場所にマイナスの値を指定した場合、[モード]を省略するか「0」を入力すると「0」から近い値になり、「0」以外を入力すると「0」から離れた値になります。なお「FLOOR関数」の場合は、選ぶことはできず、既定で「0」から離れた値になります。

【FLOOR.MATHC関数】の使用例

FLOOR.MATH(-13,3) → -15
FLOOR.MATH(-13,3,1) → -12⇨負のまま数値だけ切り下げる。(元の-13より大きい)

モグゾー
それでは、今回はここまで。最後までお読みいただきありがとうございました!

2020年5月25日公開




~INDEX一覧~

エクセル関数の勉強 1

サブローエクセル/Excel関数の一覧にしています。本ブログ内で記事にしているものは、講座の列にリンク付けを随時行います(^o^) ※使用頻度のランクに関しては、個人的な主観でランク付けをしています。 ...

2

サブロー危険物取扱者試験 乙4種対策講座の目次(INDEX)を作りました。 随時更新していくので、よろしくお願いします。 【目次/INDEX】 講座ID分類内容リンク 1共通#1『危険物取扱者試験』の ...

3

サブローQC(品質管理)検定に関する説明が増やして行く予定なのでリンクに飛ぶような目次(INDEX)を作りました。 随時更新していくので、よろしくお願いします。 モグゾー対象級を記載していますが、あく ...

4

サブローExcel VBAに関する説明を今後増やして行く予定なので、各リンクに飛ぶような目次(INDEX)を作りました。 随時更新していくので、よろしくお願いします。 目次(INDEX) 講座No内容 ...

-Excel, Microsoft, 関数
-, , , , ,

Copyright© サブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.