Excel Microsoft VBA

シートの移動方法【VBA入門講座#16】

サブロー
こんにちは。サブローです。

『Microsoft Excel』(以下Excel、エクセル)の中の機能としてある[VBA] について基本的な説明をしていきます。

仕事の改善や個人的な知識向上に役立ててください(^o^)

第16回目の今回は

シートの移動機能

について解説していきますので、よろしくお願いします。

前回までのVBAに関するINDEXは下記を参照してくださいね。

↓サブログ内部リンク(VBA用INDEX)↓

Excel VBA講座-目次(INDEX)

サブローExcel VBAに関する説明を今後増やして行く予定なので、各リンクに飛ぶような目次(INDEX)を作りました。 随時更新していくので、よろしくお願いします。 目次(INDEX) 講座No内容 ...

続きを見る






シートの移動

<書式>

オブジェクト.Move([Before],[After])

<説明>

シートを移動します。移動先は、引数のBefore、またはAfterで指定します。

対象:

Worksheetオブジェクト

引数:

Before:指定したシートの前に、対象のシートを移動します。

After:指定したシートの後ろに、対象のシートを移動します。

なし:省略すると、新しいブックに移動します。

 

新しいブックへの移動

<コード記入例1>

Sub シート移動()

'worksheetのsample1のsheetを新しいブックに移動します。
Worksheets("sample1").Move

’マクロを終了する
End Sub

<マクロ実行結果>

特定シートの後ろに移動

<コード記入例2>

Sub シート移動a()

'worksheetの"sample1"のsheetを"def"のシートの後ろに移動します。
Worksheets("sample1").Move After:=Worksheets("def)

’マクロを終了する
End Sub

<マクロ実行結果>

特定シートの前に移動

<コード記入例3>

Sub シート移動b()

'worksheetの"sample1"のsheetを"def"のシートの前に移動します。
Worksheets("sample1").Move Before:=Worksheets("def")

’マクロを終了する
End Sub

<マクロ実行結果>

一番右のシートの後ろに移動

<コード記入例3>

Sub シート移動c()

'worksheetの"sample1"のsheetを一番右のシートの後ろに移動します。
Worksheets("sample1").Move Aefter:=Worksheets(Worksheets.Count)

’マクロを終了する
End Sub

<マクロ実行結果>

 

モグゾー
それでは、今回はここまで。最後までお読みいただきありがとうございました!

2020年5月1日公開




~INDEX一覧~

エクセル関数の勉強 1

サブローエクセル/Excel関数の一覧にしています。本ブログ内で記事にしているものは、講座の列にリンク付けを随時行います(^o^) ※使用頻度のランクに関しては、個人的な主観でランク付けをしています。 ...

2

サブロー危険物取扱者試験 乙4種対策講座の目次(INDEX)を作りました。 随時更新していくので、よろしくお願いします。 【目次/INDEX】 講座ID分類内容リンク 1共通#1『危険物取扱者試験』の ...

3

サブローQC(品質管理)検定に関する説明が増やして行く予定なのでリンクに飛ぶような目次(INDEX)を作りました。 随時更新していくので、よろしくお願いします。 モグゾー対象級を記載していますが、あく ...

4

サブローExcel VBAに関する説明を今後増やして行く予定なので、各リンクに飛ぶような目次(INDEX)を作りました。 随時更新していくので、よろしくお願いします。 目次(INDEX) 講座No内容 ...

-Excel, Microsoft, VBA
-,

Copyright© サブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.