Excel Microsoft 関数

【エクセル関数で業務効率化#4】/【VLOOKUP関数】

サブロー
こんにちは。サブローです。

仕事でも使うことが多い『Microsoft Excel』(以下Excel、エクセル)の機能の1つであるExcel関数を説明していきます。

仕事の改善や個人的な知識向上に役立ててください(^o^)

第4回目の今回は検索/行列関数である

・【VLOOKUP】関数

の説明をしていきますので、よろしくお願いします。

↓これまでのExcel関数に関する講座は下記インデックスからご覧ください↓







書式:=VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索の型) (ブイルックアップ)

[範囲]の中から[検索値]を探し、それと同じ位置にあるデータを返す関数です。抽出されるデータは、[列番号]で指定した列から抽出されます。

また検索の方法は上から下に縦方向になりますので、複数同じ検索値がある場合は一番上のものが抽出されます。

[検索値]は[範囲]内の一番左の列から検索されます。もしデータが列の中から見つからない場合は、エラー値[#N/A]が戻されます。

[#N/A]:計算や処理の対象となるデータがない。または正しい結果が得られない場合のエラー

[検索の型]はTRUE or 1(近似一致) とFALSE or 0(完全一致)が有ります。なおTRUE or 1の場合は省略可能です。

 

それでは具体例を下記に記載します。

D4セルに入っている関数を例として説明します。

=VLOOKUP(C4,$F$3:$H$9,3,TRUE)

C4セルを検索値として、F3セルからH9セルまでの範囲内で、C4セルの近似値となるF列のセルを起点として、F列を含めて3列目(F列から2つ右のH列)の値を抽出するという意味

なお近時一致の場合、検索値を超えないものを近似値として判定されます。

例えば、B店の売り上げは799999円で、A評価の800000円に近いのにB判定になっています。

基本的に検索する箇所は固定エリアになるので、絶対参照としておくといいです。

【エクセルの基礎勉強】#3 相対参照/絶対参照について【初心者向け】

こんにちは。サブローです。 仕事でも使うことが多い『Microsoft Excel』(以下Excel、エクセルについて、基本的な説明をしていきます。 今回は【相対参照】【絶対参照】について説明します。 ...

続きを見る

D18セルに入っている関数を例として説明します。

=VLOOKUP(C18,$F$17:$G$24,3,FALSE)

C18セルを検索値として、F17セルからG24セルまでの範囲内で、C18セルと一致となるF列のセルを起点として、F列を含めて2列目(F列から1つ右のG列)の値を抽出するという意味

サブロー
それでは、今回はここまで。最後までお読みいただきありがとうございました!

2020年2月5日公開




~INDEX一覧~

エクセル関数の勉強 1

サブローエクセル/Excel関数の一覧にしています。本ブログ内で記事にしているものは、講座の列にリンク付けを随時行います(^o^) ※使用頻度のランクに関しては、個人的な主観でランク付けをしています。 ...

2

サブロー危険物取扱者試験 乙4種対策講座の目次(INDEX)を作りました。 随時更新していくので、よろしくお願いします。 【目次/INDEX】 講座ID分類内容リンク 1共通#1『危険物取扱者試験』の ...

3

サブローQC(品質管理)検定に関する説明が増やして行く予定なのでリンクに飛ぶような目次(INDEX)を作りました。 随時更新していくので、よろしくお願いします。 モグゾー対象級を記載していますが、あく ...

4

サブローExcel VBAに関する説明を今後増やして行く予定なので、各リンクに飛ぶような目次(INDEX)を作りました。 随時更新していくので、よろしくお願いします。 目次(INDEX) 講座No内容 ...

-Excel, Microsoft, 関数
-, ,

Copyright© サブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.